【ディスカバー・ジャパン】Discover Japan 2021年6月号「うまいビールとアウトドア。」5月6日発売!


メディア事業部門)との合弁会社「ディスカバリー・ジャパン株式会社」を設立、同年10月に旧・スカパー!でディスカバリーチャンネルの放送を開始。 現在、ケーブルテレビ局やスカパー!プレミアムサービス(衛星一般放送事業者は標準画質放送はジュピターサテライト放送、ハイビジョン放送はスカパー・エンターテイメント)、スカパー
18キロバイト (1,465 語) - 2021年1月17日 (日) 05:15  (出典:Wikipedia)


うまいビールの季節がやってきました !
青空の下で、思いっきり味わってくださいね ♪

株式会社ディスカバー・ジャパン(所在地:東京都港区、代表取締役社長:高橋俊宏)が発行する月刊誌『Discover Japanディスカバー・ジャパン)』2021年6月号「うまいビールアウトドア。」が発売されました。
Discover Japanディスカバー・ジャパン)』 2021年6月号 Vol.115「うまいビールアウトドア。」

   
今年もレジャーの季節がやってきました。陽気に包まれるこれからの季節に欠かせないものといえば、うまいビールアウトドアにほかなりません。
レジャーの定番
コンテンツである、ビールアウトドアが、コロナ禍で変化し、楽しみ方が広がったのをご存じですか?

ビールシーンでは、「テイクアウトメニューの充実」や「サブスクリプション」や、続々と誕生している「地域密着型ブルワリー」にも注目です。
アウトドアシーンにおいては、密を避ける義務感から、解放感を味わいたい気分面から……グランピングも含めて、快適なアウトドア施設も増え、それに伴い利用者がいつになく増えています。

さらに、いま注目の働き方「ワーケーション」の滞在先としても、
アウトドアな環境は最適。自然の中に身を置いて仕事をすることで、よりよいクリエイティブが生まれるだけでなく、人生の充足感も得られます。
今月号は、世界が前進したいまだからこその内容で、
クラフトビールを中心とした最新ビールピックと新時代のアウトドアスタイルをお届けします!

詳細・購入はこちら
https://discoverjapan-web.com/magazine


最先端なあの人に聞いてみました!
谷尻誠さん、なぜいまアウトドアしてるんですか?
       

キャンプビールが大好きなんです」と話す、建築家・起業家の谷尻誠さん。
暖かくなると毎週末
キャンプサウナなどのアウトドアを楽しみ、最近では自然環境から新たな価値を見出す新事業「DAICHI」にも参画。
自宅も、
アウトドアからインスピレーションを受けた空間づくりをしているという。
そんな谷尻さんが考える
アウトドアの魅力とは? 
今回は広島で行われていた、谷尻さん率いるSUPPOSE
DESIGN OFFICEの社員旅行に密着! 
太陽の下、
建築家としての愉しみをうかがってきました。

うまいビールを求めて、ローカル

今月号では「クラフトビール東京」主宰・川野 亮さん監修の下、ビールの最新トレンドや、いま注目の地域密着型ブルワリーをたっぷり紹介しています。
そして、いまおすすめしたいのが、“うまい
ビールを求めて、ローカルを訪れる旅”です。
訪れれば、太陽の下、自然風土を全身で感じながら、うまい
ビールを心ゆくまで堪能することができる。
それは土地そのものを味わう贅沢でもある。
つまりは、至福の休日が約束されるというワケです。  
 
東京都・奥多摩「VERTERE」/山梨県・小菅村「Far Yeast Brewing&原始村キャンプ場」
   


アウトドア×ワーケーションのすすめ。

リモートワーク化が進み、自由な場所で働けるようになったいま、オフィスでも自宅でもなく、アウトドアで仕事する選択もありになりました。
近頃は、
アウトドア施設でもワーケーション設備やプランが充実。
休暇の日数は誰しも限りがありますが、ワーケーションを活用すれば、中長期の滞在もしやすいです。
大自然の中に身を置きながら、仕事も遊びも暮らしも楽しむ。
結果、仕事の
クリエイションだけでなく、人生も充実する。
そんな夢みたいな
ライフスタイルを送れる、注目のスポットを紹介します!  
 
長野県・蓼科「TINY GARDEN 蓼科」/北海道・十勝「Moving Inn」/大分・くじゅう&鉄輪温泉
   


お気に入りのうつわとアウトドアへ。   

感受性が研ぎ澄まされるアウトドアでこそ、料理のうつわをおろそかにしたくない。
では、そこにふさわしいうつわとは? 鎌倉の
ギャラリー「うつわ祥見」のオーナー・祥見知生さんにたずねると、おすすめしてくれたのは、高知県香美市を拠点に作陶するつくり手・小野象平さんの「青灰釉のうつわ」でした。
小野象平さんのうつわは、渋谷
PARCODiscoverJapan Lab.の店頭及びオンラインサイトから購入できます!


Discover Japanディスカバー・ジャパン)とは
2008年創刊の『Discover Japanディスカバー・ジャパン)』は、”ニッポンの魅力、再発見”をコンセプトに、日本のモノ・コト・場所・人を通して、本物かつ上質な日本文化の魅力を、わかりやすく、丁寧に編集・提案する「日本の入門書」メディアです。

株式会社ディスカバー・ジャパン発行
月刊誌『
Discover Japanディスカバー・ジャパン)』最新号の特集はこちらで詳しく見ることができます。
https://discoverjapan-web.com/magazine

【購入方法】
全国の書店コンビニエンスストアまたは以下URLよりご購入ください。
https://shop.discoverjapan-web.com/collections/all/products/202106
日本文化の最新トレンドが毎月届きます。定期購読のお求めはこちらから。
https://shop.discoverjapan-web.com/products/subscription

WebSitehttps://discoverjapan-web.com
Instagramhttps://www.instagram.com/discoverjapan
Facebookhttps://www.facebook.com/DiscoverJapan
Twitterhttps://twitter.com/Discover_Japan

<次号のお知らせ>
Discover Japanディスカバー・ジャパン2021年7月号
ととのう発酵。』

昨年から続く
新型コロナウイルスにより、日本のみならず世界が危機に直面し、身体が資本だと痛感させられました。
そして、多くの人が内面を整えるため、健康改善の一助として発酵を取り入れています。

今回、我々が提案する
キーワードは、「ととのう発酵」。
巻頭では、「納豆」や「甘酒」など身近ゆえに知られていない発酵食と、醤油や味噌、
みりん、酢など、ニッポンの発酵食を支える「麹」にも注目。免疫力向上が期待できるとされる発酵の魅力を、あらためてひも解きます。

さらに次号では、47
都道府県それぞれに根づく、独自の発酵食にもフィーチャー。
大きく「海」、「山」、
「街」、「島」の分類に分けられる発酵を、各地域の発酵食を通して、その土地が歩んできた歴史・文化的背景まで紹介します。
知っているようで知らない“身近な発酵”を学び、身体も心も
ととのえて、困難を乗り越えていきましょう。


リリースに関するお問い合わせ先
株式会社ディスカバー・ジャパン
PR担当 田中
Tel 03-6812-9791(代表)
Fax 03-6812-9790
Mailinfo@discover-japan.co.jp

配信元企業:株式会社ディスカバー・ジャパン

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ


(出典 news.nicovideo.jp)