【温泉】昭和レトロな温泉銭湯 玉川温泉「じゃばら風呂」開催


穫を得た。1997年に種苗法上の品種登録は失効しているが、「じゃばら(邪払、蛇腹)」の名称は商品のカテゴリーによっては村を権利者として商標登録されているものもある。 5月頃に開花して実をつけて、11月下旬から2月上旬頃に収穫される。じゃばらの名前は「邪」を「祓う」ことから名付けられたといわれる。 種としての学名
11キロバイト (1,408 語) - 2020年8月18日 (火) 14:45  (出典:Wikipedia)



(出典 wotcool.com)


「じゃばら」の効能を余すところなく頂いてみましょう♪

株式会社温泉道場(埼玉県比企郡ときがわ町、代表取締役社長 山崎寿樹)が運営する日帰り温泉・昭和レトロな温泉銭湯 玉川温泉(埼玉県比企郡ときがわ町)では1月23日の花粉対策の日に合わせ、おふろに「じゃばら」を浮かべる「じゃばら風呂」を開催いたします。

   
「じゃばら」は、かつて和歌山県飛び地の小さな村「北山村」にのみ自生していた柑橘類で、その珍しさから「幻の果実」と呼ばれています。
数年前からこの
「じゃばら」が花粉症に効果があると話題になり、現在ではいろいろな加工品にもなっています。

玉川温泉が所在するときがわ町は
埼玉県の中央部に位置し、都心から60キロメートル圏内と比較的都心に近い場所にあります。
町の面積56平方キロ
メートルのうち7割が森林で、スギ・ヒノキなどの針葉樹を利用した建具産業に代表される木材関連産業で発展してきました。
関東圏に飛散する花粉は
東京都西部、埼玉県の杉林から来ていることが国立研究開発法人森林総合研究所の研究で発表されています。
これからの時期、花粉でお悩みになる皆様に少しでも何か出来ないかとの思いからこの企画を実施いたします。

また「じゃばら」の語源は邪払(邪気を払う)ということで、花粉対策と同時に
新型コロナウィルスの早期収束の願いも込めています。
毎日寒い日が続きますが、あたたかい温泉で体の芯までじっくりと温まっていただきたいと思います。

開催日:
2021年1月22日(金)~ 1月24日(日)

開催場所:
昭和
レトロな温泉銭湯 玉川温泉 男女浴室(内湯)
   

■昭和
レトロな温泉銭湯 玉川温泉
埼玉県比企郡ときがわ町玉川3700
0493-65-4977

https://tamagawa-onsen.com/

株式会社温泉道場
2011年3月創業。埼玉県を中心に「おふろcafe(R)」ブランドをはじめとする温浴施設や、リゾート施設の運営やコンサルティング、地域事業投資再生支援を行う。
「おふろから文化を発信する」の企業理念の下、業界での新たな価値創造、地域活性化への貢献、人材の育成を目指して活動しています。
http://onsendojo.com/
   

配信元企業:株式会社温泉道場

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ



(出典 news.nicovideo.jp)