【音楽】『氷川きよし』紅白リハ、2年連続の「限界突破」


氷川 きよし(ひかわ きよし、1977年〈昭和52年〉9月6日 - )は、日本の歌手。 本名は山田 清志で、通称はkii、きーちゃん。身長178cm。体重62kg。血液型はA型。レコード会社は日本コロムビア、芸能事務所は長良プロダクションに所属する。 福岡県福岡市南区出身。福岡市立大楠小学校・福岡市
47キロバイト (2,904 語) - 2020年12月28日 (月) 15:38  (出典:Wikipedia)



(出典 www.nagarapro.co.jp)


今年もセクシーなキーちゃんで、締めくくるでしょう!

モデルプレス=2020/12/30】歌手の氷川きよしが30日、「第71回 NHK紅白歌合戦」のリハーサルを東京・渋谷のNHKホールで行った。

【関連記事】「第71回 NHK紅白歌合戦」曲順発表 トップバッターはKing & Prince、大トリは?

◆氷川きよ「少しでも皆さんに希望を送れるよう」

21年連続の紅白出場となる氷川
昨年、ド派手な演出で会場を熱狂させた「
限界突破×サバイバー」を2年連続で披露する。

氷川は紅白出演にあたり、「
デビューから毎年こうやって出させていただいて、次はないと思いながら全力で1年に1回の歌の祭典に出させていただいて、感謝の気持ちでいっぱいです」と喜び。
「最後の方の登場なのでドキドキしますが、
テンションを上げ緊張感を持って、今年はコロナ禍で大変な1年でしたから、少しでも皆さんに希望を送れるような歌を歌いたい、老若男女の皆さんに一緒に生きていきましょう、乗り越えていきましょう、という思いを、自分の心と体を通して歌で、『限界突破×サバイバー』で出させていただきます」と意気込みを語った。

また、「昨日、
リハーサルをしましたが、結構大変な内容でした。
生放送なので一発で終わりですから、とにかく成功することを祈っています」と思いを込め、「見てくれた、歌を聴いてくれた皆さんが、すごく元気になってくださればいいと思っています。
心を込めて精いっぱい歌いますので、ぜひご覧いただきたいです」と
視聴者へ向けてアピールした。

◆「第71回 NHK紅白歌合戦

今年の紅白のテーマは、「今こそ歌おう みんなでエール」。
新型コロナウイルスの感染が拡大したことで世界は一変し、様々な分野に深刻な影響が出ている昨今。
今こそ
アーティストたちの思いのこもった歌でみんなにエールを送りたい、コロナによって傷つき疲れ切っている人々の心を癒し、少しでも明るい気持ちで2021年を迎えて欲しいという思いがこめられている。

総合司会は4年連続となる
ウッチャンナンチャン内村光良
紅組司会は女優の
二階堂ふみ、白組司会は俳優の大泉洋で、それぞれ紅白初司会となる。
放送は、
2020年12月31日午後7時30分から11時45分まで(※中断ニュースあり)。(modelpress編集部)

Not Sponsored 記事】

氷川きよし(C)NHK

(出典 news.nicovideo.jp)