【音楽】『DOBERMAN INFINITY・SWAY&KAZUKI』11月21日、初のソロ配信ライブ開催!


DOBERMAN INFINITY(ドーベルマン・インフィニティ)は、日本のヒップホップグループ。LDH所属。レーベルはLDH Records。 2000年 - 2014年:DOBERMAN INC 2000年、WEST HEADのメンバーであるKUBO-C、GS、P-CHOの3人が、トラックメイ
35キロバイト (2,902 語) - 2020年11月20日 (金) 09:26  (出典:Wikipedia)



(出典 realsound.jp)


12月2日にリリースされるDOBERMAN INFINITYのニューシングル「6 -Six-」も要チェックです!

【元記事を音楽ナタリーで読む】

DOBERMAN INFINITYのSWAYKAZUKIが、11月21日に初の配信ソロライブDESTINY -S.O.L-」を開催した。

【大きな画像をもっと見る】

DOBERMAN INFINITYはLDHによる「LIVE×ONLINE」の一環として今年7月に配信ライブを行っているが、SWAYKAZUKIそれぞれがソロとして行ったのは今回が初
最初に登場したS
WAYは「調子はどうですか!? 最高の夜にしようぜ!」と視聴者に呼びかけ、ソロデビュー曲「MANZANA」や代表曲「チョコレート」「Perfect Love」などを、2017年のソロデビューからの軌跡をたどる構成でパフォーマンス
続く
KAZUKIは自身が初めて作詞作曲を手がけた「Sorry」をはじめとしたソロ曲のほか、YouTubeで話題を呼んだYOASOBI「夜に駆ける」、中島みゆき「糸」といったカバー曲も披露した。

KAZUKIファンに向け「なかなか思うように、ライブ会場で皆さんと会ったりできませんが、そんなときは音楽というものに少しでも力をもらって、強く一緒に乗り越えていけたらと思います。
自分たちも
アーティストとして、皆さんにパワーを与えられるような曲を書いていきたい」と意気込みを語る。
その後は再びS
WAYステージへと移り、客演として参加したAK-69「Only God Can Judge Me」のラップや新曲「TALK」などをパフォーマンスした。
S
WAYも「今の状況もそうですが、うまくいかないことを乗り越えて、大好きな仲間やファンの皆さんと一緒に、笑いながらその道を一緒に進んでいきたい」と、視聴者に向けて自身の思いを熱く語った。

アンコールではSWAYKAZUKIが共にステージに立ち、12月2日リリースされるDOBERMAN INFINITYニューシングル「6 -Six-」の収録曲となる2人の楽曲「DESTINY -S.O.L-」を初披露
S
WAYはこの曲の手応えを「いい意味でDOBERMAN INFINITYではできない表現を、2人で表現することができた」と明かした。

左からSWAY、KAZUKI。

(出典 news.nicovideo.jp)