『ベル・アンド・セバスチャン』ファン熱望の2枚組ライブ・ベスト盤12月発売へ!


ベルアンドセバスチャン (BELLE AND SEBASTIAN) は、スコットランド、グラスゴー出身のロック/ポップバンド。 1996年にグラスゴーにて結成。同年、大学の音楽コースのレーベル『Electric Honey』より1stアルバム『Tigermilk』をレコードで1000枚限定リリー
13キロバイト (1,353 語) - 2020年6月3日 (水) 04:02  (出典:Wikipedia)



(出典 nme-jp.com)


懐かしさと穏やかさを感じる楽曲。
秋に似合うのはそのせいかな?

 ベル・アンド・セバスチャンが、2019年ワールドツアーからベスト・テイクを厳選した2枚組ライブベストアルバム『What To Look For In Summer』を2020年12月11日リリースすることを発表。
同作より「My W
andering Days Are Over」と「The Boy With The Arab Strap」のライブビデオが公開された。

 COVID-19によって2020年ライヴだけでなく、新譜のレコーディング計画が白紙となってしまったバンドファンからかねてより熱望されていたライブ作品のリリースに応える形で本プロジェクトに着手。
話題を呼んだ船上
コンサートBoaty Weekender】での3公演を含む2019年の全てのテイクを聴き返し、イエスの『Yessongs』やシン・リジーの『Live and Dangerous』などのライブアルバムからインスピレーションを得て、さまざまなライブから最高の録音を選ぶことによって2枚組のボリュームへと編纂された本作。

 ほぼランダムな選曲だったとメンバーたちは語るが、結果として初期の「My Wandering Days Are Over」や「Seeing Other People」、「The Boy With The Arab Strap」をはじめとする人気曲、そして近年の「Poor Boy」や「We Were Beautiful」が並列されたキャリアを総括するベスト盤として、そしてステージファンたちが上がり込んでピースフルな大団円を迎えるあの幸せな瞬間を詰め込んだ作品へと昇華。
以前は謎めいた内省的な
バンドとしてデビューを果たしながらも、今となっては「ツアーは、まさか自分たちがやるとは思ってもいなかったことだ。
今までの人生で経験した中で最高の経験だよ」と
メンバーたちが口にする通り、この20年間で多様な音楽性と娯楽性を抱える素晴らしきライブバンドへと生まれ変わったことを刻み込んだ記念碑的作品がここに誕生した。

リリース情報
アルバム『What To Look For In Summer
2020/12/11
RELEASE
※国内盤特典:2CD / ボーナストラック追加収録 / 解説書・歌詞対訳封入
OLE1638CDJP / 2,500円plus tax)

ベル・アンド・セバスチャンのライブの魅力が凝縮された2枚組ライブ・ベスト盤発売へ

(出典 news.nicovideo.jp)