『ゆず』自身初のオンラインツアー5日間完走!


ゆずは、日本のフォークデュオ。セーニャ・アンド・カンパニー所属。公式ファンクラブ名は「ゆずの輪」。 ここではゆずの公式YouTubeチャンネルにてライブ配信を行なっているアニメーション映像によるデュオ「MIZU」についても記述する。 ストリートミュージシャン出身のフォークデュオのパイオニア的存在で、
114キロバイト (9,211 語) - 2020年10月16日 (金) 16:44  (出典:Wikipedia)



(出典 pbs.twimg.com)


パフォーマンスがかわいいです。
小さい子供が喜びそうな感じですね。


 2人組アーティスト・ゆずが25日、自身初のオンラインツアーYUZU ONLINE TOUR 2020 AGAIN』の最終公演となるDAY5「未来図」を神奈川・横浜文化体育館で開催した。

 アーカイブ配信も含めたこのツアーの総視聴数は、全5公演で80万越え
従来の
ツアー規模を大きく上回る視聴数で新たなライブ形式を提示するとともに、過去最大のAR 演出と掛け合わせたパフォーマンスで、ツアーフィナーレを華々しく締めくくった。

 同ツアーは毎週日曜日21時、会場とライブテーマセットリストを変えながら開催されてきた、全5公演の有料配信ライブ。各ライブ会場は、ゆずにゆかりのある”横浜エリア”から選定され、初日公演は今年9月に閉館した横浜文化体育館、2公演目はゆずの母校・岡村中学校、3公演目は自身がこけら落としを務めたぴあアリーナMM、4公演目は神奈川県ホールで実施。
ラストとなる5公演目の会場は、ツアータイトルの”AGAIN”に引っ掛けて、初日公演の舞台だった横浜文化体育館に再び帰還。

 

「最後に歌わせて。」という意味深キャッチコピーが付けれた DAY5「未来図」だが、それはこれまでゆずが数々のライブを開催し、既に閉館されている同会場に向けられていたメッセージで、正真正銘の“ラストステージ”となった。

 今回のツアーでは北川悠仁、岩沢厚治による弾き語りでのパフォーマンスのほかに、AR(拡張現実感Augmented Reality))を用いた演出が目玉となっていたが、この日のライブではこれまでの4公演を上回る、”過去最大規模”のAR演出に。
全公演で披露してきた代表曲『夏色』では、曲の
スタートと同時に会場全体が神秘的な”海底空間”に様変わり。
曲が終盤に進むにつれ、漂う泡の数が増えたり、巨大
クジラが突如現れるなど、オンラインライブでしか体感できないド派手演出に。
クライマックス
に披露した『アゲイン2』では、同曲のアートワークとして描かれている世界的アーティスト村上隆氏の「お花」アートが再び登場。数え切れない「お花」が宙を舞い、ラストには画面上を所狭しと、無数の「お花」が花火のように打ち上げられ、ツアーファイナルを華々しく締めくくった。

 

 また、ライブが行われた10月25日はゆずが1st Mini Album『ゆずの素』をリリースしてから丸23年となるデビュー記念日。
ライブ中盤には、横浜文化体育館を抜け出し、デビュー前に路上ライブを行っていた伊勢佐木町の、かつて松坂屋だった現カトレヤプラザ伊勢佐木の屋上へ移動。デビュー23周年&24年目突入を祝うとともに、代表曲『栄光の架橋』を披露した。

 この日の模様は、11月4日までアーカイブ配信中。なお、このツアー中にゆず公式ツイッターでは「#ゆずオンラインツアー」のハッシュタグを公演毎に発信。全5公演すべてでTwitter日本トレンド入りを果たし、同ハッシュタグの投稿数は約10万件におよんだ。

セットリスト

YUZU ONLINE TOUR 2020 AGAIN DAY5:未来図 in 横浜文化体育館
11月4日(水)までアーカイブ配信中

1.センチメンタル
2.3カウント
3.
夕暮れどき
4.
からっぽ
5.心のままに
6.贈る詩
7.
栄光の架橋
8.みらい
9.みぞれ
10.少年
11.夏色
12.アゲイン2
13.
ツアーお疲れさまのうた


(出典 news.nicovideo.jp)