『Sexy Zone』ファンが選ぶ楽曲ランキング、シチュエーション毎に聴きたい曲は?


Sexy Zone(セクシーゾーン)は、日本の5人組男性アイドルグループ。所属芸能事務所はジャニーズ事務所、所属レコード会社はユニバーサルミュージックのTop J Records。 2011年結成、CDデビュー。略称はセクゾ、セクゾン。 グループ名の「xy」の部分は、「Sexy Zone
99キロバイト (9,374 語) - 2020年10月17日 (土) 17:42  (出典:Wikipedia)



(出典 news-img.dwango.jp)


松島聡君、おかえりー! 
いい歌声でいい曲が流れてきたら、文句ないです!

モデルプレス=2020/10/19】Sexy Zoneが、19日放送のニッポン放送Sexy Zoneオールナイトニッポン Premium』(18時21時50分)に生出演。ファンが選んだ「リスナーが選ぶSexy Zoneシチュエーションソングランキングを発表した。

【写真】土屋太鳳、Sexy Zoneライブ見学 “グループ宛”に花を贈った理由も明かす

◆「夜のドライブ中にカーラジオから聴こえてきて欲しいSexy Zoneソング

病気療養中だった
メンバーの松島聡が約2年ぶりに復帰し、新たに5人で再スタートをきったSexy Zone。久しぶりとなる5人でのラジオで、約4時間の生放送に挑戦する。

番組では、
ファンから事前に募集した「◯◯の時に聴きたいSexy Zoneソングランキングを発表。まず「夜のドライブ中にカーラジオから聴こえてきて欲しいSexy Zoneソング」では、3位が「make me bright」、2位が「Rainbow Light」。

1位は、
Sexy Zoneの最新アルバムPOP×STEP!?」に収録されている「タイムトラベル」。佐藤勝利は「曲もおしゃれだし、大人のドライブだね」と言い、中島健人は「でも歌詞は同窓会のことなんだよね」と大人な恋愛観を歌った曲とドライブの親和性を絶賛していた。

◆「片想い中に聴きたいSexy Zoneソング

続いて、「片想い中に聴きたい
Sexy Zoneソング」では、3位が「恋がはじまるよー!!!」、2位が「Love Confusion」。

1位は、
ファンの間でも名曲と知られている「名脇役」。松島聡は「これカラオケでも上位の方にある。(松島も)カラオケで歌った」と自身もカラオケで歌うほどお気に入りの様子。菊池風磨も「美 少年の那須(雄登)くんも歌っていましたよ。後輩にも愛されていますね」としみじみしていた。

◆「赤ちゃんをあやす時に聴きたいSexy Zoneソング

赤ちゃんをあやす時に聴きたいSexy Zoneソング」では、3位が「CRY」、2位は「ぎゅっと」。1位は、軽快なメロディの「バィバィDuバィ~See you again~」。ファンから「歌詞の意味はわかりませんが…」と寄せられたことから、菊池は「僕もこの曲大好きなんですけど…ファンの子ちょっといじってるよね?」とツッコミ

マリウス葉も「いじってるよね?僕も真剣に募集したのに~」とこぼすと、佐藤は「でもこの多幸感というか、これ
赤ちゃんベストだと思うよ!Duバィは考えるんじゃないよ!感じるんだよ!」と断言。中島も「俺たちはジャニー喜多川の手のひらの上で踊っていたんだな」とつぶやいていた。

◆「たまたま来日していたビリーアイリッシュにおススメしたいSexy Zoneソング


最後は、「
たまたま来日していたビリーアイリッシュにおススメしたいSexy Zoneソング」という中島考案の斜め上のランキング。3位は「Small Love Song」、2位は「BON BON TONIGHT」。

1位は、中島・菊池・佐藤が歌唱している「
BAD BOYS」。菊池は「もう5人の曲だと思っていた」と言い、中島も「いつか5人でリリースしたい。MVも撮りたかったから、5人で撮りたい」と願いを明かしていた。(modelpress編集部)

◆「夜のドライブ中にカーラジオから聴こえてきて欲しいSexy Zoneソング

1位:
タイムトラベル
2位:
Rainbow Light
3位:
make me bright

◆「片想い中に聴きたいSexy Zoneソング

1位:名脇役
2位:
Love Confusion
3位:恋が
はじまるよー!!!

◆「赤ちゃんをあやす時に聴きたいSexy Zoneソング


1位:バィバィDuバィ~See
you again~
2位:ぎゅっと
3位:CRY

◆「たまたま来日していたビリーアイリッシュにおススメしたいSexy Zoneソング


1位:
BAD BOYS
2位:BON BON
TONIGHT
3位:Sm
all Love Song

情報:
ニッポン放送

Not Sponsored 記事】



(出典 news.nicovideo.jp)