ストリーミング」と称することが多い。 類似した転送方式にプログレッシブダウンロードがある。ファイルをダウンロードしながら再生するという点ではストリーミングと同じだが、HTTPによる転送が可能であるため、別途ベンダロックインのストリーミング
29キロバイト (3,815 語) - 2020年7月24日 (金) 05:43  (出典:Wikipedia)



(出典 linemusic.blogimg.jp)


そう言えば、CD買わなくなりました。

1 湛然 ★ :2020/09/10(木) 23:16:49.95 ID:CAP_USER9.net

音楽ストリーミングの成長、アーティスト格差広がる
9/10(木) 19:05 Rolling Stone Japan
EMILY BLAKE / Translated by Shoko Natori
https://news.yahoo.co.jp/articles/2183c243c683b5ea062025a9d286390795988ce3


音楽ストリーミングビジネスの成長は、音楽業界の“持てる者と持たざる者”の溝を埋める代わりに格差を広げてしまったのか?

(中略)

実のところ、音楽ストリーミングは、音楽業界の“持てる者と持たざる者”の溝を埋める代わりに格差を広げたのだ。

過去1年半にわたって音楽ストリーミングサービスに楽曲を提供した160万組を超えるアーティストに目を向け、ストリーミングの総再生回数にもとづいてランク付けすると、上位層に属する1万6000組のアーティストが全ストリームの90パーセントを占めていることがわかる。それにより、160万組のアーティストが残りの10パーセントを分け合っていることも容易に計算できる。ローリングストーン誌の音楽チャートにデータを提供しているAlpha Dataのデータによると、2020年1月8日から7月17日にかけてオンデマンド型の音声および動画ストリーミングで発表された楽曲がこうした格差を示しているのだ。先日、Spotifyも自社のデータを通じて同様の状況を確認した。

◆音楽ストリーミングが生んだ格差

Alpha Dataによれば、上位層に属する10パーセントのアーティストがほぼ全ストリームを独占している。この時期に楽曲をリリースした上位層に属する16万組のアーティストが全ストリームの99.4パーセントを占めていたのだ。分析の対象となったおよそ半分以上のアーティストの再生回数は、1楽曲に対して100回を下回った。3枚のアルバムをリリースするなど、1年半にわたってかなり好調だったラッパーのダベイビー(DaBaby)は、この時期にもっとも多い再生回数を記録した。下位層に属する90パーセントのアーティストの合計と比較し、ダベイビーのオンデマンドでの音声再生回数は倍近かったのだ。

音楽ストリーミングが生んだ格差は、売上よりも実際はもっと重大である。もっとも公平な指標は、フィジカルアルバムの売上であり、それによると上位層に属する1パーセントのアーティストが、1~7月の同時期にリリースされたフィジカルアルバムの全体の売上の54パーセントを占めている。

これを経済学で富の集中を論じる際に使われるローレンツ曲線に置き換えると、フィジカルアルバムの売上は、経済学者が“均等配分線(Perfect Equality)”と呼ぶ線にもっとも近い。これは仮説上の理想的な状態で、下位層に属する1パーセントの人たちが1パーセントを取得し、下位層に属する2パーセントの人たちが2パーセントを取得する……という状態である。

それでも、ストリーミングはラジオと比べると大きな前進である。当時は、上位層に属する1パーセントが事実上すべて(99.996パーセント)のオンエアを独占していたのだから。

当然ながら、ストリーミングは多くの改善をもたらした。リスナーがアルバムをストリーミングする可能性はアルバムを購入するよりもはるかに高く、フィジカルアルバムのリリースは、往々にして十分なリソースとレーベルのサポートがあるアーティストに限定されている。ニュースサイトQuartzが先日発表したSpotifyに関する分析は――SpotifyはDiscovery Weeklyのような、ユーザーに新しい発見をもたらすプレイリストに重点を置いていた――、過去2年にわたってSpotifyのトップ40の楽曲の再生回数が下降する一方、41~200位の楽曲は比較的安定していることを明かした。

音楽ストリーミングサービスの多すぎる選択肢によってリスナーがトップ40の楽曲以外の音楽に興味を示す一方、彼らはこうしたサービスが提供する音楽の大海原を探究し尽くせていない。そしてその海は、日を追うごとに大きくなっているのだ(昨年、Spotifyのダニエル・エクCEOは同プラットフォームに毎日4万近い楽曲が加わっていると予測)。

毎日音楽を聴くリスナーたちは、方向性を必要としている。音楽ストリーミングサービス各社は、再生回数におけるエディトリアル・プレイリストの比重がどれくらいかは公開していないが、本誌はそれが相当な割合だと踏んでいる。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


7 名無しさん@恐縮です :2020/09/10(木) 23:28:37.61 ID:471UUN6R0.net

>>1
どこの業界でも普通じゃないの?
むしろ、10%ならデカい方だよ。


48 名無しさん@恐縮です :2020/09/11(金) 12:47:19.14 ID:XpFnxZ/60.net

>>1
まとめ

ストリーミング再生回数:
160万組の上位層に属する1万6000組のアーティストが全体の90パーセントを占めている

フィジカルアルバムの売上:
上位層に属する1パーセントのアーティストが全体の54パーセントを占めている

つまりストリーミングの方が格差がでかい


66 名無しさん@恐縮です :2020/09/11(金) 16:30:37.13 ID:zDrkBJzU0.net

>>48
ここでのフィジカルアルバムは、今のCDのことなんじゃないの?
ストリーミングがなかった時代の話はしてないでしょ?


51 名無しさん@恐縮です :2020/09/11(金) 12:58:27.09 ID:F4W0elal0.net

>>1
曲やアーティストの良しあしじゃなくて認知度次第ってことだろ

だからトップ10のほとんどが髭男米須あいみょんキングヌーなどで埋まる


56 名無しさん@恐縮です :2020/09/11(金) 13:37:20.97 ID:kDGRg7xb0.net

>>51
米津に関しては今回のアルバム発売のタイミングでサブスク解禁したから元々認知度あったけど、他の3組はサブスクがきっかけで人気に火がついたんだから、最初から認知度あったわけじゃないぞ


57 名無しさん@恐縮です :2020/09/11(金) 14:29:44.27 ID:XpFnxZ/60.net

>>56
サブスクよりもYouTubeでは


58 名無しさん@恐縮です :2020/09/11(金) 14:41:25.13 ID:kDGRg7xb0.net

>>57
どっちもあるんじゃないの
もっと遡れば、あいみょんとヒゲダンなんかは関ジャムで紹介したのが大きいと思うし
あいみょんがMステに出始めた頃に、Apple Musicのチャートの上位に何曲もランクインしてるって紹介されてたんだよ
同じようにヒゲダンも出始めの頃はそういう紹介されてた
どっちにしろ認知度があるからって言うのは違うと思う
最近だとYOASOBIとかサ*クチャートの上位に入ってるけど、認知度なんかたいしてないだろ


59 名無しさん@恐縮です :2020/09/11(金) 14:50:35.77 ID:wwPrVPid0.net

>>58
YOASOBIは一発しかあたってないからな
最新に出したものほどチャートが下


65 名無しさん@恐縮です :2020/09/11(金) 16:18:10.46 ID:zKT2I9vu0.net

>>59
アルバムもまだ出してない段階でトップ50に4曲もランクインしてるんなら十分だろ
ブレイクのきっかけになった曲が一番聞かれてるのはストリーミングでは当然の事だし
香水みたいなのを一発屋って言うのならわかるけど


4 名無しさん@恐縮です :2020/09/10(木) 23:27:44.86 ID:CAb3YyG+0.net

サ*クって自発的に曲選ぶから分かりやすい流行りものか昔のヒット曲しか聴かなくなるな
ラジオや音楽専門チャンネルみたいな受動的な曲の発見が無くなったと思う


30 名無しさん@恐縮です :2020/09/11(金) 01:58:00.30 ID:dMQv7tYY0.net

>>4
逆だと思うけどな
俺はサブスクで聴き始めてから全然聞いたことないジャンルの曲とかがプレイリストに入ってて新鮮に感じる
プレイリストによっては選んだテーマに関係してればほとんど知名度のないマイナーアーティストのアルバム曲とかも混じってたりするし

プレイリストは数万数十万の曲からランダムに選ばれるけどラジオとか音楽専門チャンネルは放送時間に限りがあるから流行ってるシングルカット曲とか局とか事務所がこれから推そうとしてる数百曲しか流れてないんじゃね?


32 名無しさん@恐縮です :2020/09/11(金) 04:37:16.66 ID:9vbb740X0.net

>>4
自分の好みのジャンルから知らないアーティストの曲聴けて面白い


38 名無しさん@恐縮です :2020/09/11(金) 08:17:46.96 ID:/9A7VFhn0.net

>>4
それは自分が新しいものを求めてないだけだろw


9 名無しさん@恐縮です :2020/09/10(木) 23:34:34.49 ID:HWzEV2vf0.net

スポーツでも芸能でも同じこと。


35 名無しさん@恐縮です :2020/09/11(金) 06:37:14.63 ID:cAQss9o50.net

>>9
まったく
音楽バカは自分達が特別だと勘違いしてるのかねただの娯楽の一つに過ぎない存在だってのに。


11 名無しさん@恐縮です :2020/09/10(木) 23:44:24 ID:+Q26ieo+0.net

小さいパイ取り合ってる日本語アーティストには縁がないけど
tiktok やインスタで無断または正規使用されたフレーズがバズって
あっという間にストリーミングでも億再生されて金入ってくるとかいう
ストリーミングドリームみたいなのが
洋楽の若いアーティストだと結構発生してる


13 名無しさん@恐縮です :2020/09/10(木) 23:49:57.07 ID:e1uDh2xA0.net

>>11
お前アホだろ
ストリーミングの1再生数あたりの収入は
レコード会社に入ってくる額だ


15 名無しさん@恐縮です :2020/09/10(木) 23:58:54 ID:+Q26ieo+0.net

>>13
君みたいな昔の黄金期と比較するしか能がないストリーミング儲からんおじさんは
世界的大ヒットが出て即金でマセラティ買ったLil nas Xみたいなのを知らんからな


16 名無しさん@恐縮です :2020/09/11(金) 00:05:39 ID:TZ3ZlE2U0.net

一応アホが突っ込んでこないように
ストリーミングだけでは儲からんというのは重々承知しとる
(全体のパイを増やして結果的にライブとか
デジタルを買う重課金勢を増やすのにSNSとストリーミングがシナジーで貢献してる)


45 名無しさん@恐縮です :2020/09/11(金) 10:45:45.49 ID:c1Hjy1o00.net

>>16
アホはお前だろ
10億再生数でもレコード会社に入る金が7~12億
商売としては致命的な効率の低さ


73 名無しさん@恐縮です :2020/09/12(土) 18:45:13.42 ID:F9cb2gLe0.net

>>16
コロナでライブが微妙なのはいたすぎるわな


20 名無しさん@恐縮です :2020/09/11(金) 00:13:25 ID:i3kF5EmQ0.net

工作したかどうかで決まるランキングとかまじいらん


22 名無しさん@恐縮です :2020/09/11(金) 00:35:37 ID:LRxD2fRt0.net

昔から有線で流したもんが流行ってるからなそれが進んだだけじゃね
日本人だけなのかは知らんけど新しい曲を探す暇って学生くらいまでにしかないんだよな
だから聞き馴染む曲が耳に残ってそればっかりになるし事務所の力次第になる
歌詞もサビだけしか聞かれないからどんどんダイレクト言葉で厚みのないものばかり


29 名無しさん@恐縮です :2020/09/11(金) 01:47:53.13 ID:HZEqiyo70.net

>>22
>昔から有線で流したもんが流行ってるからなそれが進んだだけじゃね

本当そうだわ
納得


34 名無しさん@恐縮です :2020/09/11(金) 06:34:55.51 ID:zDrkBJzU0.net

これ、「ストリーミングがアーティストの格差を縮めた」という記事だな。


40 名無しさん@恐縮です :2020/09/11(金) 08:23:42.44 ID:g70ysaZk0.net

買うほどじゃないけど興味があるアーティストの曲が聴けて楽しい


42 名無しさん@恐縮です :2020/09/11(金) 08:24:41.03 ID:/9A7VFhn0.net

>>40
実際は
ストリーミングで強いアーティストは
フィジカルの売上も伸ばしている
米津なんかが良い例で


60 名無しさん@恐縮です :2020/09/11(金) 14:53:31.10 ID:i3kF5EmQ0.net

どっちにしろソニーのネット工作は韓流並みだから
ソニーのアーティストだけ伸びるよ


67 名無しさん@恐縮です :2020/09/11(金) 17:47:51.18 ID:lRginHhL0.net

上位10%に入れない9割のアーティストは
サブスクに置いといても誰も存在に気づいてくれないから
ストリートでCDを手売りした方がいいのかもね


70 名無しさん@恐縮です :2020/09/12(土) 17:11:08.98 ID:bRSrLm/y0.net

>>67
>>1のソースによれば最近は、定額ストリーミングでの再生回数を上げるため
エディトリアル・プレイリストに自曲を混ぜてもらえるようお金を払うミュージシャン(事務所)も出てきてるらしいよ

定額ストリーミング会社が作るプレイリストは言ってみればコンピレーション盤や(曲メインの)ラジオ番組だよね
そう言うエディット(パッケージ化)が入らないと、160万組強の中から自分の耳に引っかかる曲やアーティストを見つけるのは途方もない作業だと思う


72 名無しさん@恐縮です :2020/09/12(土) 17:55:39.53 ID:HoHp3hno0.net

曲は無限にあるからな
昔はCDレンタルで好きなジャンルのとこで知らないアーティストを借りて発掘してたけど
最近は好きなジャンルのプレイリストとかザッピングして聞いてるから手軽になった
ただしCD借りるのと違ってもったいないから全曲聞いてみよう、とならないのでキャッチーなイントロが昔以上に流行るだろうな


74 名無しさん@恐縮です :2020/09/12(土) 19:23:52.11 ID:bRSrLm/y0.net

>>72
実際イントロが長いと再生中断される事が多いらしくて、50~60年代のシングルみたいにイントロ短め&全長3分前後に作るのが配信用曲のトレンドだって話は読んだ事がある
3分前後は昔は「長いとラジオ局でかけてもらえないから」と言う理由だったけど
配信は「長いと最後まで再生してもらえないリスクが高まる」プラス「曲が短いと同じ時間リピート再生された時の再生回数が多くなり有利」って事みたい