『MUCC』本日5月4日よりYouTubeにて特別動画配信!(期間限定)


MUCC(ムック)は、日本のヴィジュアル系ロックバンド。所属事務所はマーヴェリック、所属レコードレーベルはデンジャークルーレコーズ。6月9日は「ムックの日」とされており、ほぼ毎年何らかのイベントを行っている。ファンのことは夢烏(ムッカー)と呼ばれる。 逹瑯(1979年8月21日 - ) - ボーカル
72キロバイト (3,338 語) - 2020年4月27日 (月) 21:43  (出典:Wikipedia)



(出典 rooftop.cc)


緊急事態宣言が明けるまでの期間限定配信とのこと。お見逃しなく!


茨城県水戸市ライブスタジオ“マイチカ”こと、島村楽器 水戸マイム店Aスタジオで初ライヴをおこなった1997年5月4日が正式のバンド結成日とされるMUCC。その日から数えて23年目の結成記念日にあたる2020年5月4日(月)から、MUCCオフィシャルYouTubeチャンネルにおいて特別動画Remote Super LiveFight against COVID-19~』が配信される。緊急事態宣言が明けるまでの期間限定配信となる。

また、ニューアルバム『惡』から2曲の先行配信と、Instagram の「ARカメラエフェクトデジタルマスクの配布も決定した。

Remote Super LiveFight against COVID-19〜』と題した映像は、2020年6月10日発売のアルバム『惡』収録の「自己嫌惡」と、通算27枚目のシングルニルヴァーナ」の2曲をメンバーの各自宅でリモート演奏したものと、2019年12月28日に国立代々木競技場第一体育館にてMUCCの逹瑯(Vo)がオーガナイザーを務めた「Trigger In The Box」におけるMUCCライヴ映像だ。自宅で外出自粛を余儀なくされているファンへ向けて急遽配信することが決まった。

今回の映像はミヤ(G)の発案で、そこに他のメンバーも呼応。周囲のスタッフの協力もあり、収録から配信まで数日間で完成させるという、早業であった。前作、「壊れたピアノとリヴィングデッド」にまつわるツアーに帯同した吉田トオルKey)を迎え、スタジオ録音とは異なるアレンジで聞かせる楽曲の手触りは新鮮。結果、47都道府県を駆け巡った「収監シリーズツアー」で培った、彼らのタフなライヴパフォーマンスが自宅で堪能できる。

そして、6月10日に発売となるMUCCの15枚目のアルバム『惡』より、アルバムの表題曲とも言うべき「惡-JUSTICE-」、さらに「アルファ」の2曲が、発売に先駆け、5月6日(水)より各配信サイトより先行配信することが決まった。一足先にニューアルバム『惡』の世界を感じることができるだろう。

また、Instagramストーリーズで使用出来る「ARカメラエフェクト」にて「MUCCデジタルマスク」配布も同じく5月4日(月)正午より始まった。これは、Instagramストーリー撮影時に顔を認識しMUCCデザインしたマスクエフェクト加工で撮影が可能になる。メンバー自身の使用動画もInstagramMUCCオフィシャルアカウントに公開されている。

現在、まだまだ音楽活動を潤沢に行うには厳しい状況ではあるが、ニューアルバム発売を前に、アイデア豊富に常に動き続けるのがMUCCらしいところだ。

MUCC

(出典 news.nicovideo.jp)