『刀剣乱舞』ミュージカル新作「静かの海のパライソ」メインビジュアル公開 !


日本刀の名刀を男性に擬人化(ゲーム上では「付喪神」という設定)した「刀剣男士」を収集・強化し、日本の歴史上の合戦場に出没する敵を討伐していく刀剣育成シミュレーションゲーム。正式名称は「刀剣乱舞-ONLINE-」(とうけんらんぶオンライン)、公式略称は「とうらぶ」。 2015年にミュージカル
219キロバイト (22,321 語) - 2020年2月7日 (金) 08:25



(出典 fp.famima.com)


美しい舞台が観られるのでしょうね!

ミュージカル刀剣乱舞」の新作公演タイトルが「ミュージカル『刀剣乱舞』静かの海のパライソ~」に決定し、メインビジュアルが公開された。
従来作でも活躍していた鶴丸国永(演:岡宮来夢)と
大倶利伽羅(牧島輝)に加え、2019年11月から開催された「歌合 乱舞狂乱 2019」で顕現(けんげん)した松井江(笹森裕貴)や、今作で新たに登場する浦島虎徹(糸川耀士郎)、日向正宗(石橋弘毅)、豊前江(立花裕大)という6振りの刀剣男士が集結している。

また、役名は明らかにされていないが、物語に関わる歴史上の人物を吉川純広、横山賀三、中村琉葦、中村誠治郎が演じることも決定した。

ミュージカル刀剣乱舞」は、日本古来の刀剣に宿る付喪神(つくもがみ)である刀剣男士たちが、歴史改変をもくろむ歴史修正主義者”と死闘を繰り広げる、人気ゲーム刀剣乱舞-ONLINE-」が原作。ミュージカルシリーズは、15~16年にトライアル公演を経た「阿津賀志山異聞」でスタートし、19年8~10月には「葵咲本紀」が上演された。

ミュージカル『刀剣乱舞』静かの海のパライソ~」は、3月21~29日に東京・天王洲銀河劇場、4月4~18日に兵庫・AiiA 2.5 Theater Kobe、4月24~26日に熊本・市民会館シアーズホームホール5月3~6日に宮城・仙台サンプラザホールで上演。5月15~31日には、東京・天王洲銀河劇場で凱旋公演を行う。
チケット価格は各公演9000円(宮城公演のみA席7000円も販売)で、
2月22日午前10時から販売を開始する。

(C)ミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会


(出典 news.nicovideo.jp)