【元記事を音楽ナタリーで読む】

MAVERICK DC GROUP主催のライブイベントMUCC Presents『Trigger In The Box』」が、12月28日に東京・国立代々木競技場第一体育館で開催された。

【大きな画像をもっと見る】

東京・日本武道館を中心に行われてきた「JACK IN THE BOX」の常連であるMUCCが、同イベントを“ジャックする”という形で行われた今回の公演。
“素直じゃない
リスペクト”をコンセプトに掲げてのイベントは、バンドの垣根を越えたセッションあり、漫才あり、団長(Vo / NoGoD)司会進行による生配信ありと盛りだくさんの約8時間となった。

事前にアナウンスされていた通り、開場中はKenと圭(G / BAROQUE)によるアンビエントインストゥルメンタルが奏でられ、ライブに向けて高揚感のあるムードを作り出した。
2人は
ギターを奏でたり、エフェクターをいじったりしながら不可思議な音像を作り出し、その場限りのセッションを繰り広げる。
会場入りした観客たちは席に着くと、2人の紡ぐ
美しい音色に耳を傾け開演を待った。

トップバッターを務めたのは、「Trigger In The Box」の首謀者であるMUCC。どこか不気味で軽妙なSEに乗せて登場した4人とサポート吉田トオルKeyは、特効の爆発音をきっかけに「サイコ」でライブの口火を切った。
そこから続いたのは、
SATOち(Drの叩く硬質なリズムYUKKE(B)の重厚なベースが炸裂する「G.G.」や、ミヤ(G)がノイジーな旋律を弾き倒す「トリガー」といった攻撃的な楽曲の数々。
熱気が十分高まった頃、
メンバーは「COBALT」や「ハイデ」などアリーナ会場に似合うスケール感のあるナンバーで観客を惹き付けた。
そして、最後に披露されたのは
ライブの“テッパン”曲である「蘭鋳」。逹瑯(Vo)は「Are you Fuckin' Ready?」とHYDEのキメ台詞を叫び、咆哮を繰り返す。
4人は曲の終盤で会場を巻き込んで
ジャンプをし、迫力のあるライブでこのあとに続くアーティストたちにバトンを渡した。

出演者の中で最若手のDEZERTは、最新アルバムblack hole」に収録されている「バケモノ」を挨拶代わりに届け、ヘビーなアンサンブルで観客を魅了。
千秋(Vo)は「今日は音楽をしに来てません! あなたたちと恋をしようと思ってきました」と語ると、キャッチーな
メロディが光る「『ピクトグラムさん』」や楽器隊の力強いサウンドに乗せて前向きなメッセージを伝える「TODAY」を伸びやかな声で歌い上げた。
さらに千秋は「先人たちが作ったこの歴史、俺たちが背負っていくから。よろしくお願いします」と宣言し、その言葉を機に4人はパン
キッシュで攻撃性を全開にした「『殺意』」をプレイ
鮮烈な爪痕を残して出番を終えた。
その直後の転換時間には
スーツ姿のゆう(Dr / シド)とニュー岡部(かたつむりによる漫才ユニットおかゆステージに現れ、「転校生の練習」をテーマに漫才を披露。ゆうや転校生役、ニュー岡部が先生役に扮し、出演者たちをネタに軽妙な掛け合いを展開して観客を笑わせた。

続いてステージに登場したのはOLDCODEXフードを被り怪しげな雰囲気を漂わせたYORKE.Painterが黒いボードに赤文字で“OLDCODEX”と大きく描くと、Ta_2(Vo)が勢いよく叫び、「Parasite」で豪快にライブを開始した。
最新
シングル曲「Take On Fever」ではTa_2の熱いシャウトとヘビーなバンドサウンド、そしてYORKE.ダイナミックなペインティングが一体となってディープな世界観へと観客を誘う。ラストナンバー「Follow the Graph」では真っ赤に染まったボードに描かれる白い翼をバックに、Ta_2が祈りを捧げるようにじっくりと歌を届け、会場に深い余韻を残した。

JACK IN THE BOX」常連のシドは、代表曲の1つ「V.I.P」や「Dear Tokyo」「眩暈」といったライブの人気ナンバーと新曲を取り入れた攻めのセットリストライブを展開した。
まずは9月に発表した最新
アルバムの表題曲「承認欲求」をプレイし、美しいファルセットを交えたマオ(Vo)の歌声とメロディアスなサウンドを会場に響かせる。
3月4日リリースするテレビアニメ七つの大罪 神々の逆鱗」のオープニングテーマdelete」も披露し、アグレッシブサウンドで会場を盛り上げた。最後の1曲はアルバムを携えた最新ツアーSID TOUR 2019 -承認欲求-」でも本編のラストを担っていた「涙雨」。
哀愁漂う歌声と
ノスタルジックな音色を届け、4人はステージを締めくくった。

JACK IN THE BOX」初出演となった凛として時雨は、登場するなり「Telecastic fake show」「DISCO FLIGHT」といった代表曲を惜しげもなく続けて披露。
突き抜けるようなハイトーン
ボイスと激しいサウンドが絡み合う鮮烈なパフォーマンスで、瞬く間に観客を圧倒した。
幻想的な眩い光の中でエモーショナルに演奏を繰り広げる3人の姿にオーディエンスの目は釘付けに。
悲痛な思いを叫ぶような「
DIE meets HARD」や人気ナンバー「abnormalize」が続き、会場はますます興奮に満ちていく。
「『
Trigger In The Box』、誘っていただいてありがとうございました」とTK(Vo, G)が告げ、最後にゆっくりと奏で始めたのは「傍観」。演奏は感情を爆発させるように徐々に激しくなり、3人は美しい残響の中でステージを去った。

D'ERLANGERは「BABY」でライブを開始し、力強いビートを軸に阿吽の呼吸でパフォーマンスを展開。kyo(Vo)の「ヘイ、東京。行くぜ」という言葉を合図に「SEX」へと突入し、緩急を付けた貫禄のある演奏を披露した。
kyoは「短い時間ですけれど、お嬢ちゃんたち、しっかりとおじさんに弄ばれて帰って行ってください」と艶っぽくほほえむと、「一緒に歌ってみる?」と「LULLABY」をプレイ
さらに初期
ナンバー「SADISTIC EMOTION」をパワフルに続け、大歓声に包まれて迫力のあるライブを終えた。

MAVERICK DC GROUP誕生のきっかけとなったレジェンド44MAGNUMは、“Trigger In The Box SPECIAL VERSION”と銘打ち、ゲストJACK(B)を迎えた特別編成でステージへ。
地鳴りのような
ベース音を機に、JIMMY(G)と宮脇“JOE”知史(Dr)がそれぞれの楽器を力強く鳴らし、「YOUR HEART」でライブの始まりを告げた。
PAUL(Vo)とSTEVIE(Vo)は親子ならではの息の合ったツインボーカルを聴かせながら、「THE WILD BEAST」「I JUST CAN'T TAKE ANYMORE」などを熱唱。
ラストでは代表曲である「STREET ROCK'N ROLLER」をエネルギッシュに歌い上げ、レジェンドらしい堂々たるステージングを見せつけて観客の拍手を浴びた。

「今年の総括してやります」とSNSで宣言していた通り、HYDEは自身のキャリアを彩ってきた曲を織り交ぜたセットリストを用意。
彼は観客の前に現れるなり「今日は全員おかしくなってもらうよ!
タイムリミットは45分。
もっとも濃厚な45分にしよう!」と叫び、激しい
ロックチューンを鬼気迫るような空気をまといながら歌い上げた。
中盤で
HYDEは「かわいい後輩にお願いされたら断るわけにいかないからね。今日は彼はすごくがんばってたので感謝してます」とイベント首謀者であるMUCC逹瑯に感謝の思いを伝える。
さらに開場中に
Kenが演奏していたことに言及し、「昼イチからKenちゃんってぜいたくすぎない?」としみじみと語り、44MAGNUMやD'ERLANGERといった先輩バンドとの競演にも触れ「君たちより楽しんでる気がしてきた」と笑った。
なお後半で披露された「
MAD QUALIA」では、白熱するあまりHYDEが脚立から落下するハプニングが発生。
しかし、彼はそのまま
パフォーマンスを敢行し、ラストを飾ったL'Arc-en-CielHONEY」のカバーまでテンションを保ったまま45分のステージを駆け抜けた。

イベントのトリであるセッションバンドTrigger In The Box Super All Starsには、ボーカルで逹瑯、マオ、Ta_2、千秋、ギターKen、ミヤ、Shinji、MiyakoベースYUKKE、明希、Sacchan(DEZERT)、ドラムShinya(DIR EN GREYが参加。
fate」を皮切りに「Voice」「READY STEADY GO」「Vivid Colors」というさまざまな時代を彩ってきたL'Arc-en-Cielの楽曲を、編成を変えながらカバーしていく。
イントロが奏でられるたびに会場に大歓声が沸き、こだわりの詰まった選曲と、リスペクトがこもった演奏にオーディエンスは熱狂する。
そして最後には
HYDEボーカリストとして現れ、火炎の飛び交う前で「Shout at the Devil」を挑発的に熱唱。彼は「ロックってこんなもんじゃねえだろ?」と何度もアジテートして、すさまじい余韻を残してセッションコーナーに幕を下ろした。なお、最後に出演者がそろって記念撮影をする際に逹瑯は、来年もイベントの開催をもくろんでいることを予告。来年への布石を打って、笑顔でステージをあとにした。

「MUCC Presents『Trigger In The Box』」2019年12月28日 国立代々木競技場第一体育館公演 セットリスト

MUCC

01. サイコ
02. G.G.
03.
トリガー
04. ヴァンパイア
05. 自己嫌悪
06.
COBALT
07. ハイデ
08. My
WORLD
09. 蘭鋳

DEZERT

01. バケモノ
02. 「ピクトグラムさん」
03.
TODAY
04. 「殺意」

OLDCODEX

01. Parasite
02.
Take On Fever
03. reel
04.
Heading to Over
05. Sight Over The Battle
06. Follow the Graph

シド

01. 承認欲求
02. V.I.P
03.
delete
04. Dear Tokyo
05. 眩暈
06. 涙雨

凛として時雨

01. Telecastic fake show
02. DISCO FLIGHT
03. DIE meets HARD
04. abnormalize
05. 傍観

D'ERLANGER

01. BABY
02.
SEX
03. Harlem Queen Complex
04. Harlem Queen Romance
05. LUL
LABY
06. SA
DISTIC EMOTION

44MAGNUM -Trigger In The Box SPECIAL VERSION-

01. YOUR HEART
02. THE WILD BEAST
03. I JUST CAN'T TAKE ANYMORE
04. I'M ON
FIRE
05. STREET ROCK'N ROLLER

HYDE

01. AFTER LIGHT
02. SICK
03.
DEVIL SIDE
04. GLAMOROUS
SKY
05. SET IN STONE
06. MAD QUALIA
07. ANOTHER MOMENT
08. AHEAD
09. HONEY

Trigger In The Box Super All Stars

fate / Voice / READY STEADY GO / Vivid Colors / Shout at the Devil

撮影:今元秀明 / 西槇太一 / 上原俊

「Trigger In The Box Super All Stars」セッションの様子。


(出典 news.nicovideo.jp)

MAVERICK DC GROUP(マーヴェリック・ディー・シー・グループ)は、日本の音楽プロダクション。1981年7月2日設立。 1981年7月2日、音楽事務所兼レコード制作会社「DANGER CRUE」として設立。 1990年10月4日、法人化。 2000年4月3日、「マーヴェリック・ディー・
2キロバイト (132 語) - 2019年10月8日 (火) 03:26



(出典 www.jack-itb.com)


濃い~8時間ですね ‼