【イベント】J-WAVEと六本木ヒルズのコラボ、フリーライブイベント『TOKYO M.A.P.S』をGWに開催決定!


株式会社J-WAVE(ジェイウェィブ、J-WAVE, Inc.)は、東京都を放送対象地域として周波数変調で超短波放送(FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。1988年から1989年にかけて「J-POP」(Jポップ)という新たな音楽ジャンルと名称を定義・新造し、それを定着させた。日本民間放送…
88キロバイト (10,898 語) - 2023年1月25日 (水) 03:45  (出典:Wikipedia)


クリス・ペプラーさんの良い声にも、心地良くなってくださいね ♪

ラジオJ-WAVE(81.3FM)がゴールデンウィーク5月5日(金・祝)・6日(土)の2日間、六本木ヒルズと共催でフリーライブイベントJ-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S Chris Peppler EDITION』を六本木ヒルズアリーナで開催する。

毎年ゴールデンウィークに開催してきた『TOKYO M.A.P.S』は、音楽、アート、パフォーマンスをさまざまな表現で発信するイベントとして2008年スタート
J-WAVE六本木ヒルズがこれまで取り組んできた文化発信をより多くの人が身近に体感・参加できる特別プログラムイベントで、毎年プログラムオーガナイザーを迎え、その年のテーマに沿ったオリジナリティ溢れるアーティストが出演する。

今年のプログラムオーガナイザーは、J-WAVEナビゲーターのクリス・ペプラーに決定。
J-WAVE開局当時から続く音楽プログラムSAISON CARD TOKIO HOT 100』やディープな音楽談義を繰り広げる『SAPPORO BEER OTOAJITO』などをナビゲート
また、自らも
バンドNONE THE WiSER」のベースボーカルとしても活動するなど、日本の音楽シーンに寄り添ってきた彼が、「新しさと心地よさ」をテーマに「TOKYO M.A.P.S」をキュレートする。

なお、出演アーティストの詳細は後日発表となるとのこと。

今年のテーマ&クリス・ペプラーからメッセージ

テーマ: 新しさと心地よさ

2003年六本木ヒルズが誕生して今年で20年。

J-WAVEは、六本木ヒルズのオープンと同時に西麻布から引っ越してきました。
六本木ヒルズと共に歩んできた20年。
この節目の年に、
六本木ヒルズとJ-WAVEコラボイベントTOKYO M.A.P.Sの オーガイザーを初めてナビゲーターとして務めさせて頂けることを、大変、光栄に思っています。

六本木ヒルズとJ-WAVEは、共に、今までにない新たなスタンダードを築きました。
でも、ただ単に鋭利な先進性ではなく、心地よさ、温もりを斬新さの中に盛り込みました。

最新の都市デザイン六本木ヒルズには、柔らかい曲線がふんだんに使われています。
J-WAVEから流れる最先端、最新のサウンドには琴線に触れる「何か」が存在しています。
どちらも、最新なのに何故か慣れ親しんだ心地よさが隅々に感じられます。

今回キャスティングさせて頂いた皆さんはとんがった中にも優しさ/柔らかさがあり、
熟練、
ベテランであっても常に先端を行っているアーティスト
そして、明日を担う若き才能。
彼ら・彼女たちには太陽の様な温かい未来を感じます。

SHARP & SOFT。
COOL & WARM
そんな M.A.P.Sです。

クリス・ペプラー

クリス・ペプラー

(出典 news.nicovideo.jp)