【ほっともっと】「カキフライ弁当」「まぐろかつ弁当」18日発売!


ほっともっと(ローマ字:Hotto Motto)は、株式会社プレナスが九州・山口地方を中心に、日本全国・中国・韓国に店舗を展開している持ち帰り弁当のチェーン店。2012年(平成24年)現在、日本の持ち帰り弁当業界で最大の店舗数を誇る。 ほっほっか亭との分裂
21キロバイト (2,739 語) - 2021年10月9日 (土) 22:08 (出典:Wikipedia)


時期によって凄い混むんですよね、近所のほっともっと。
忙しい時にはホント有難いです ♪

ほっともっとでは10月18日より、今年も「カキフライ弁当」(590円)が発売。

それだけでなく、同日発売の「まぐろかつ弁当」(590円)、3種の海鮮フライが楽しめる「ミックスフライ弁当」(590円)にも注目が集まっている。


■今年もカキフライ弁当の季節到来!

今年も、この季節がやってきた…! ほっともっとカキフライは、牡蠣の濃厚な旨味とともに、サクッとした食感が楽しめるようにと、薄い衣にこだわって作られている。

薄衣のカキフライは、噛んだ途端に磯の香りと濃厚な牡蠣の旨味がじゅわっと口の中に広がるのが特徴。
別添のソースや、具沢山のタルタルソースをたっぷりつけて味わいたい。


■ネット大注目「まぐろかつ弁当」

そして……発売前からインターネット上で大注目されているのが、同日発売の「まぐろかつ弁当」だ。
キハダマグロの切り身を、醤油・みりん・酒に漬け込んだ“まぐろ漬け”に、パン粉を付けて揚げたかつが3個盛り付けられている。

まぐろかつが手頃な弁当で味わえるとあって、インターネット上では発売前から「来週の新商品やばいのきた。絶対うまいっしょ!」「どんな味なのか気になります」「食べたい!」と早くも話題になっていた。


■贅沢な「海鮮ミックスフライ弁当」も

カキフライまぐろかつ、両方味わいたい人のために、カキフライ2個とまぐろかつ1個、ぷりっとした身のエビフライ1本が盛り付けられた、「海鮮ミックスフライ弁当」も発売される。

3種類の海鮮フライが一度に楽しめる贅沢な内容だが、「カキフライ弁当」と「まぐろかつ弁当」と値段は変わらず590円。これは嬉しい…。


■学生~働き盛り世代から厚い支持

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の10代~60代の男女1,880名を対象に「ほっともっと」に関する意識調査を実施したところ、全体で48.8%もの人が「ほっともっとが好き」だと回答。

性・年代別に見ると、10代~40代の学生や働き盛りの若い世代からとくに厚い支持を得ていることがわかる。

毎年、同店から「カキフライ弁当」が発売されるのを楽しみにしているファンも少なくないはず。
今年は「まぐろかつ弁当」も大注目で、店頭で悩んでしまいそうだ…。

ほっともっと、18日発売のお弁当がスゴい… 「絶対うまい」とネット興奮
(出典 news.nicovideo.jp)


おんtm

野菜全然ねぇじゃん


ゲスト

サラダは別売りです(にっこり)


祈手

無難に竜田揚げか親子丼いっちゃうんだよな・・・


河内のおっさん8号

カキフライはわかるけどマグロって揚げたらまずいような気がするんだが。


雷電イワモト

「絶対うまい」とネット興奮とりあえずどこのネットなのか、どの程度の盛り上がりなのか言ってみろしらべぇ


ナナシ

少ない…腹の足しにならん


無尽君

マグロは加熱するとパサパサになるからなあ。生か油漬け(ツナ缶とか)以外はあまり食べる気しない。